スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

師走

「しわす」とは12月のことで「師走」と書きます。
当たり前のことですが。(^^;

では、この「師」とは、相場師のことではないと思いますが、相場師であれば12月でなく1年中走り続けなければいけない宿命なのかもしれませんね。(^^;

20:25頃、分足チャートを見ると、上昇2度目の踏み上げタイムだと思い買い建て。
すぐに手仕舞い。
最初の売買はプラスが気持ちが良いのです。(^^;
しかし、リズム感が掴みにくいチャートです。

その後、買い建てでロスカット。
まぁ、こんなもんです。(^^;

21:15頃売り建てたが踏み上げられる。
しばらくすると落ちてきたので百円の利食い。
上昇トレンドで、ちょっとヒヤヒヤしました。(^^;

その後も上昇し続けましたが、どうも新値を取ってくる上昇は怖くてなかなか手が出せません。
22:50頃ようやく上昇も止まりそうだったので売り建て。
すぐに手仕舞い。
どうも利食いが早いのが今後の課題かもしれません。

23:10頃、上部から下落しそうだったので売り建て。
思い通りに下落して、ちょっと利食いも我慢したので嬉しい利食いになりました。

その後も下落し続け、上昇するタイミングに差し掛かったので買い建て。
これも利食いを我慢したので嬉しい利食いになりました。
利食いを我慢しても、それでも後から見ると上昇や下落の1/3くらいしか取れていません。(^^;

お風呂から上がった0:15頃、為替相場も上昇中。
ここから買い建ては厳しいし、売り建てるには少し早い。

20pipsを上下に繰り返しながら少しずつ下値を切り上げての上昇。
なかなか売り建てられない。
と思っていると下落。
でも、なんとなく下落より上昇するスピードが速いので売り建てに躊躇してしまいます。

作戦変更して、買いのタイミングを待つことにしました。
0:25頃買い建て。
でも様子がおかしいのですぐロスカット。
0:30頃ふたたび買い建て。
これは上手く乗れましたが、その後の上昇力が弱いので、適当に利食い。

その後下落。
どうもリズムが崩れぎみ。
それとも私の見方が悪いのかも?

その後数回の買い建てのロスカットで今日の利益ほとんど無くなってしまいました。
と言うより、3:00まで頑張って結局-5200円でした。

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あり~

Author:あり~
サラリーマンFXトレード初心者がFXトレードの売買記録など相場に関することを思いつくまま書き綴るブログです。

トレードルール
  • 客観的に相場を見ること
  • 過去の結果に強く拘らないこと
  • 損を取り返そうと思わないこと
  • ムキになってトレードしないこと
  • 判断に迷う局面ではトレードしないこと
  • 得意な値動きになるまで待つこと
  • 有利な値動きでは利を伸ばすこと
  • 損失範囲をあらかじめ決めておくこと
  • 損失を受け入れること
  • 記録をつけること
  • 予測は他人に頼らないこと
  • 無理の無い資金管理の範囲内でおこなうこと
  • 負けて卑屈にならないこと
  • 勝って有頂天にならないこと
  • 常に平常心で謙虚でいること
  • 想定外を極力排除すること
  • 自分なりのルールを作ること
  • トレード中にルールを変えないこと
  • ルールを守ること
スキャルピング中断ルール
  • 1回ストップ
  • 2回連続損切り
  • 3日分以上の損失
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
サイト
マーケットの魔術師など
リンク
お気に入り相場関連書籍

自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているのか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。
ゾーン 相場心理学入門より)

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
トレード結果
◎:大満足/大幅プラス
○:満足/プラス
△:ちょっとプラス
-:プラスマイナスゼロ付近
×:ダメ/マイナス
気になる相場関連書籍

役立ちそうな相場関連書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。