スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

気持ちよく利食い

20:40頃、好きではない押し目の無い上昇に飛び乗り。
上昇速度が加速し始めたと思った20:45頃利食いできました。
その後すぐ買いましたが、こちらはすぐにロスカット。
なんとか少しの利益を残せませた。(^^;

21:00を過ぎた頃から上昇力が弱まりました。
まぁ、これだけ長時間上昇し続けたので疲れも出てくることだと思い、21:05頃売り建て。
しかし、リズム的にそろそろ上昇してもおかしくないタイミングだったので少しの利益で手仕舞いしました。

ココから下落すれば売り建て、ココから上昇すれば買い建ての位置。
21:25頃動きが少し活発になってきたが、まだ方向感はわからないので様子見。

21:45頃ようやく下抜けましたが、タイミングが合わず見送り。

22:05頃、そろそろ動き出しても良い時間帯。
と、思ったら少し下落したものの下落が続かない。

22:10頃、5分足チャートではそろそろ上昇しそうな感じで、Tickも上昇しそうだったので買い建て。
その後少しレンジの上方で値動きが止まったあと一気に急騰。

上昇も止まって上空でウロチョロしていたので再度買い建て。
建てた後は思った値動きでなかったのでロスカット。

22:55頃、上昇の半値戻しも落ち着き、これから上昇かと思い買い建て。
しかし、下落しそうになったのでロスカット。
自分のタイミングでないときは枚数を減らすべきですね。(^^;
そろそろアメリカが活動し始める時間ですが、気分転換を兼ねてお風呂タイム。

お風呂から上がった23:40頃まだ緩やかな下落が続いてます。
まだもうちょっと続きそうなので、しばらく様子見。
23:50頃、下落に変化が出てきたみたいですが、自分のタイミングには少し早いので注文準備をして待機。

ちょうど0:00にタイミング良く上げそうな感じだったので買い建てで飛び乗り。
なんとも上昇力が弱々しい。
しかし、確実に上昇していたので、「ナンピン」ではなく「乗せ」をしてみました。

その後、下落したので平均値付近で撤退。
ちょっぴり数百円マイナスになってしまいました。
いくら上昇のタイミングと言っても、時間足チャートでは大きく下落した直後なので乗せは良くなかったです。

その後も下落し、私のタイミングではなくなってしまいました。
次のタイミングは、また30分後くらいかな?(^^;

0:50頃、そろそろ上昇しそうなタイミングだったので買い建て。
今回は飛びならなかったため、最初はすぐロスカット。
ちょっとフライングだったかも?

2度目の買い建てで波に乗った感じ。
ということで、今回も乗せで買い増し。
そこそこ上昇して勢いが止まったところで手仕舞い。
まぁ、その後も上昇してましたが・・・。(^^;

まぁ、今日は気持ちよく利食いできたところで終了にします。

今日は昨日と違って(やっと)まともな売買になったのかもしれません。
反省がいかされているのか、偶然なのかわかりませんが・・・。(^^;

気持ちよく利食い
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あり~

Author:あり~
サラリーマンFXトレード初心者がFXトレードの売買記録など相場に関することを思いつくまま書き綴るブログです。

トレードルール
  • 客観的に相場を見ること
  • 過去の結果に強く拘らないこと
  • 損を取り返そうと思わないこと
  • ムキになってトレードしないこと
  • 判断に迷う局面ではトレードしないこと
  • 得意な値動きになるまで待つこと
  • 有利な値動きでは利を伸ばすこと
  • 損失範囲をあらかじめ決めておくこと
  • 損失を受け入れること
  • 記録をつけること
  • 予測は他人に頼らないこと
  • 無理の無い資金管理の範囲内でおこなうこと
  • 負けて卑屈にならないこと
  • 勝って有頂天にならないこと
  • 常に平常心で謙虚でいること
  • 想定外を極力排除すること
  • 自分なりのルールを作ること
  • トレード中にルールを変えないこと
  • ルールを守ること
スキャルピング中断ルール
  • 1回ストップ
  • 2回連続損切り
  • 3日分以上の損失
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
サイト
マーケットの魔術師など
リンク
お気に入り相場関連書籍

自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているのか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。
ゾーン 相場心理学入門より)

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
トレード結果
◎:大満足/大幅プラス
○:満足/プラス
△:ちょっとプラス
-:プラスマイナスゼロ付近
×:ダメ/マイナス
気になる相場関連書籍

役立ちそうな相場関連書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。