スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

引き付けて待つ心の余裕が大切

昼食も食べて、ペットの犬とも少し戯れて、12:30頃チャートを見ると、この昼の間に動きがあったようですね。

でも、まだフォーランドフォレックスでNZドルをスワップ金利目的で買うには早くても数時間後くらいでしょうか。
まぁ、無理して今日NZドルを買う必要もありませんのでノンビリしています。(^^;

12:40頃またもや動かなくなってしまいました。
その後はどちらかに大きく動くことが多いので、それを確認してからでも遅くないし、むしろそうしたほうが安全といえば安全ですね。
まぁ、相場に安全はないので、リスクが少ないと言ったほうがいいのかもしれませんが・・・。

13:05頃ようやく下落しそうな感じだったので売り建て。
時間的にも、ここからは急騰しにくい時間帯だと思う。
まぁ、相場に絶対はありませんが・・・。(^^;

でも、早く手仕舞いしないと踏み上げられるかも?
と思いつつも、値が動かなくなってしまいました。

13:15頃、我慢の限界。思わずロスカット。
その後少し上昇して、13:20頃ドテン買い建て。

それにしても値が動かない。
しかし、今回はリズムの上昇始めころからの買い建てなので、さっきロスカットした売り建てより比較的持ち時間が長くても良さそうです。
でも、それに安心して手仕舞いのタイミングを逃してしまってはいけませんが・・・。
それにしても、手仕舞いするタイミングを待つ苦痛と言うか緊張感というか・・・(^^;

と、思っていると、13:30頃少し上昇したのでアッサリ利食い。
金額的にはたいしたことはありませんが、損することなく利食いできたことに感謝。
特に手仕舞いするタイミングを待つ時間が長ければ長いほど、手仕舞いした時の安堵感は良いものですね。
と言うことで、利食いの後の一服をした後、14:30頃まで30分ほど昼寝することにしました。(^^;

昼寝して14:40頃そろそろ下落しそうなので売り建て。
ちょっとタイミングを間違えて上昇したので、そこを売り増し。
まぁ、ナンピンですね。(^^;
その後、最初の売り建て位置まで下落したところを利食いしました。

その後も狭いレンジでの売買をしようかと思っていましたが、15:55頃レンジ内の中間付近で膠着状態。
値が動かなければ、こちらも手が出せないので様子見。
きりの良い15:00になると、何か動きが出てくるのかも?

何も無いまま15:25頃売り建ててみるもののタイミングが合わず同値撤退。

15:50頃スルスルと上昇。
16:00に何かあるのでしょうか?(^^;
しかし、16:05頃スルスルと下落。

16:15頃、そろそろ上昇だと思い買い建て。
しかし、なかなか上昇せず、かといってそれほど下落しなかったので、16:20頃タイミングを見計らい買い増し。
またもやナンピンです。(^^;
その後16:30頃まで順調に上昇したので手仕舞いしました。

その後16:40頃、調子に乗って売り建て。
リズムの底付近での売り建てなので、またもや踏み上げられる。(^^;
16:45頃そろそろナンピンしようかと思ったら下落していき、ナンピンすら入れられないほど上昇力が弱いということかもしれません。
でも、これは下落方向で正解ということかも?
まぁ、多少気楽に待っていると、スルスルと下落してきたので利食いすることができました。

利食いできたから良かったものの、結構スリリングな売買になってしまった。(^^;
ちょっと今回は慌てて飛び乗ったのは良くありませんでした。
いつも、上昇の時間帯に待ちきれずに売り建ててしまうのが、私のダメなところなんでしょうね。
引き付けて待つ心の余裕が大切なのだと思います。

17:00頃から、またもや値動きの乏しい状況。
そもそも私がFXを始めた時は、例の急落直前の10/16からですので、大きく値が動くのが普通だと思っていましたが、安定期の値動きはこんなものかもしれないと思いました。
それならば、小さな値動きでも取れるような技術でないといけないのかもしれません。

とりあえず休日の昼からのFXデイトレードはこれにて終了。
利益に感謝。
夕食後にまたトレードする予定です。

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あり~

Author:あり~
サラリーマンFXトレード初心者がFXトレードの売買記録など相場に関することを思いつくまま書き綴るブログです。

トレードルール
  • 客観的に相場を見ること
  • 過去の結果に強く拘らないこと
  • 損を取り返そうと思わないこと
  • ムキになってトレードしないこと
  • 判断に迷う局面ではトレードしないこと
  • 得意な値動きになるまで待つこと
  • 有利な値動きでは利を伸ばすこと
  • 損失範囲をあらかじめ決めておくこと
  • 損失を受け入れること
  • 記録をつけること
  • 予測は他人に頼らないこと
  • 無理の無い資金管理の範囲内でおこなうこと
  • 負けて卑屈にならないこと
  • 勝って有頂天にならないこと
  • 常に平常心で謙虚でいること
  • 想定外を極力排除すること
  • 自分なりのルールを作ること
  • トレード中にルールを変えないこと
  • ルールを守ること
スキャルピング中断ルール
  • 1回ストップ
  • 2回連続損切り
  • 3日分以上の損失
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
サイト
マーケットの魔術師など
リンク
お気に入り相場関連書籍

自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているのか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。
ゾーン 相場心理学入門より)

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
トレード結果
◎:大満足/大幅プラス
○:満足/プラス
△:ちょっとプラス
-:プラスマイナスゼロ付近
×:ダメ/マイナス
気になる相場関連書籍

役立ちそうな相場関連書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。