スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

2009年FXデイトレード総括とご挨拶

今日12/31大晦日のEURUSDは午前中はトレンドが発生し動いていたのですが、私が起きた昼頃からは流石に値動きが悪くなりました。
まぁ、いつも昼過ぎから夕方くらいまでは値動きが悪いので、いつも通りの値動きなのかもしれませんが。

裁量トレードでは上手くいかないと思い、システムトレードに方針転換しようと思った時期もありました。(今でも思ってますが・・・(^^;)
しかし、中途半端な気持ちでシステムを構築する時間も技術も習得できないまま(成果の無いまま)ズルズルと1年間が過ぎた2009年でした。

トレードとしては反省点が多少明確になってきた程度で、その反省点を活かせないまま20万近くを費やしてしまいました。
わかっている(知っている)けど、いざその状況では実行できないというメンタル的な弱さが露呈し、損失を拡大させてきました。
ただ、エントリーについては(MT4のお陰もあり)、(平穏な精神状態であれば)そこそこのタイミングでエントリーすることが出来ることが多くなったように思います。
まぁ、それだけでも2009年の成果だと思っています。
それだけですが・・・(^^;

また、アドバイスや暖かいコメントをいただいたFXデイトレ・サバイバーディ・アフター・トレード☆、その他多くのサイトオーナー様にはとても感謝しています。
本来であればサイトにお邪魔して、感謝の意をコメントすべきだと思いますが、対話の苦手な私に免じてお許しください。

そして何より、この1年当ブログを暖かく見守ってきた皆様、本当にありがとうございました。
また来年もいつもと変わらないご愛読、ご支援の程よろしくお願いします。

まぁ、堅苦しいご挨拶は程々にして、相場に年末も正月も関係あるかい!日々精進あるのみ!と頑張っている方のために、2009年12月31日現在、私のMT4インジケータの設定をご紹介させていただきます。

MT4
MT4
MT4インジケータ
MT4インジケータ

左側には1分足チャートを表示させ、右側には5分足チャートを表示させています。
メインチャート部分には、ボリ平ドラゴンとMA(移動平均線)です。
サブウィンドウには多数のRCIとMACDのMT4インジケータを使用しています。

基本的には、平均足とボリンジャーバンドとRCIのMT4インジケータを中心にトレードしています。
あまりボリ平ドラゴン式を活用できていません・・・(^^;

その他には、お気付きかもしれませんが、画面の左上に表示されている通貨ペアの表示がありません。
表示が無い訳ではなく、通貨ペア表示部分が隠れています。
つまり、画面サイズは本来もっと横長に設定しています。
これはメインチャート部分の価格の上限・下限が表示されている価格の上限・下限を基準に表示されているためで、画面の上端下端が今後の価格動向の上限下限と無意識的に思ってしまいます。
表示期間が短いと、MA(移動平均線)なども隠れて見えないことが多々あります。
そのため、表示期間はできるだけ長いほうがいいと思い、表示期間を長くしています。

まぁ、そう簡単にMT4インジケータで儲けさせてくれるほど相場は甘くは無いものの、MT4インジケータの恩恵を受けることも多いのが事実です。
その割りに儲かってないじゃん!という意見もあるかと思いますが・・・(^^;

EA(自動トレード)は私の長年の夢であり、そのためにも勝てるメソッドを構築しなければいけません。
いくら自動トレードが出来ても、儲からなければ意味がありませんので。(^^;

ということで、来年も私の下手なトレード報告だけでなく、MT4(今後はMT5かな?)のインジケータ情報なども時々載せていこうと思いますので、来年もよろしくお願いします。

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

FX MT4 インジケータ 

コメントの投稿

非公開コメント

trackback


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

FXで損をしない方法とは

私はFXで闇雲な取引で損ばかりしていました。デイトレーダーの人たちがどういう取引をしているかを知って安定した利益を出す方法がわかりました♪
プロフィール

あり~

Author:あり~
サラリーマンFXトレード初心者がFXトレードの売買記録など相場に関することを思いつくまま書き綴るブログです。

トレードルール
  • 客観的に相場を見ること
  • 過去の結果に強く拘らないこと
  • 損を取り返そうと思わないこと
  • ムキになってトレードしないこと
  • 判断に迷う局面ではトレードしないこと
  • 得意な値動きになるまで待つこと
  • 有利な値動きでは利を伸ばすこと
  • 損失範囲をあらかじめ決めておくこと
  • 損失を受け入れること
  • 記録をつけること
  • 予測は他人に頼らないこと
  • 無理の無い資金管理の範囲内でおこなうこと
  • 負けて卑屈にならないこと
  • 勝って有頂天にならないこと
  • 常に平常心で謙虚でいること
  • 想定外を極力排除すること
  • 自分なりのルールを作ること
  • トレード中にルールを変えないこと
  • ルールを守ること
スキャルピング中断ルール
  • 1回ストップ
  • 2回連続損切り
  • 3日分以上の損失
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
サイト
マーケットの魔術師など
リンク
お気に入り相場関連書籍

自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているのか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。
ゾーン 相場心理学入門より)

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
トレード結果
◎:大満足/大幅プラス
○:満足/プラス
△:ちょっとプラス
-:プラスマイナスゼロ付近
×:ダメ/マイナス
気になる相場関連書籍

役立ちそうな相場関連書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。