スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

荒れ狂う為替相場

最初にチャートを見たときは、かなりの底付近で、値動きも不規則で値幅が小さい。
指値をしない私にとって取れる相場ではありません。

ところが、21:00の1分間に急騰。
その後は、最初のスタート位置よりも落ち込むほどの急落。
相変わらず不規則なリズム。

こんな荒れ狂う為替相場では、私には取れない。
少なくとも上がるか下げるかの博打でしかない。

この急騰と急落で時間足までリズムが狂ったように思いました。
まぁ、相場の転換時期にはリズムがよく狂うものです。

とは言いつつも、23:00頃多少落ち着きを取り戻した相場にエントリースタート。

0:20頃風呂上り一発目の売り建ての利食いで気分を良くしたが、0:30以降は売りも買いも判断に迷いそうな相場で様子見。
1分足チャート、時間足チャートではそろそろ売り建てメインでもよさそうなのですが、5分足チャートだけは上昇しそうなタイミングが引っ掛かる。

5分足チャートを信じて、成行買いのボタン押下手前で待っていると、見計らったかのように少し上昇し始めたので買い注文。
しかし、全体的には下落基調っぽかったので、上昇が鈍り始めたと思った時点で利食い。
結果的に1つの小波の上昇場面を上手く取ることができました。

そんなこんなで、今日も昨日と同額のちょっとプラスでした。
ちょっとプラスがちょうどいい。

にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あり~

Author:あり~
サラリーマンFXトレード初心者がFXトレードの売買記録など相場に関することを思いつくまま書き綴るブログです。

トレードルール
  • 客観的に相場を見ること
  • 過去の結果に強く拘らないこと
  • 損を取り返そうと思わないこと
  • ムキになってトレードしないこと
  • 判断に迷う局面ではトレードしないこと
  • 得意な値動きになるまで待つこと
  • 有利な値動きでは利を伸ばすこと
  • 損失範囲をあらかじめ決めておくこと
  • 損失を受け入れること
  • 記録をつけること
  • 予測は他人に頼らないこと
  • 無理の無い資金管理の範囲内でおこなうこと
  • 負けて卑屈にならないこと
  • 勝って有頂天にならないこと
  • 常に平常心で謙虚でいること
  • 想定外を極力排除すること
  • 自分なりのルールを作ること
  • トレード中にルールを変えないこと
  • ルールを守ること
スキャルピング中断ルール
  • 1回ストップ
  • 2回連続損切り
  • 3日分以上の損失
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
サイト
マーケットの魔術師など
リンク
お気に入り相場関連書籍

自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているのか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。
ゾーン 相場心理学入門より)

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
トレード結果
◎:大満足/大幅プラス
○:満足/プラス
△:ちょっとプラス
-:プラスマイナスゼロ付近
×:ダメ/マイナス
気になる相場関連書籍

役立ちそうな相場関連書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。