スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

利食いの我慢が足りない

先日(4/17)のFXデイトレードの夜の部は21:50頃に売り建て1回だけトレードして薄利で手仕舞いしましたが、その後は値動きが悪くなったのでトレードしませんでした。
まぁ、1トレードで記事にすることもないと思い、投稿しませんでした。

10:30頃、売り建て。
薄利で手仕舞い。
頂上付近に売り玉があれば、また違ったトレードになったのかもしれませんが、所詮タラレバですね。(^^;

下げ止まるなら、このあたりかも?という思いで、10:40頃買い建て。
ストップロスに引っ掛かりロスカット。
なにか、逆指値の価格を見透かされている感じで、その指値に一瞬タッチした後上昇していきました。(^^;

こりもせず、10:45頃また買い建て。
なかなか上昇せず、少し上昇してきたところで手仕舞い。
その後、ジワジワと上昇。

FXデイトレード午前の部はここまでで、今のところ成績はプラスマイナスゼロでした。(^^;

利食いの我慢が足りない1

昼過ぎから、久しぶりに嫁さんとパグ犬銀次郎を連れて近所のドッグランに行って来ました。
最初は日差しが暑かったのですが、途中から曇り空になり、風もあって、ちょうどいい感じでした。
その後、銀次郎をシャンプーして、なんとかこの連休のイベント&家族サービスが終わりました。
相変わらず風邪気味なのは治りませんでしたが・・・(^^;

16:05頃、下にブレイクアウトしそうだったので、売り建て。
しかし、やっぱり怖くて薄利で手仕舞い。(^^;
その後、上昇したものの、しばらくすると小刻みな上昇と下落を繰り返しながらズルズルと下落していきました。

16:20頃、買い建て。
なかなか上昇しませんでしたが、フッっと上昇した頃を見計らい手仕舞い。
その後、やはり上昇していきました。
私はどうも我慢が足りませんね。
引かされている時は我慢強いのに・・・。(笑

その後、ヘルストロンをかけながら寝てると、会社からの電話で起こされました。
17:30頃、売り建て。
ちょっと早かったかもしれません。(^^;
少し上昇したあとに下落してきたところを薄利で手仕舞い。
その後は、もちろん下落していきました。(^^;
やっぱり利益になった時の我慢が足りませんでした。

今日は、ドッグランに行ったり、犬のシャンプーをしたりしてお腹が空いたので、いつもより早めの夕食のため、今日のFXデイトレードの午前&お昼の部はこれにて終了。

[FXデイトレード売買履歴]
10:30 売り建て → 利食い(小)
10:40 買い建て → 損切り(中)
10:45 買い建て → 利食い(小)
16:05 売り建て → 利食い(小)
16:20 買い建て → 利食い(小)
17:30 売り建て → 利食い(小)

利食いの我慢が足りない2
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

デイトレード AUDJPY プラス 

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あり~

Author:あり~
サラリーマンFXトレード初心者がFXトレードの売買記録など相場に関することを思いつくまま書き綴るブログです。

トレードルール
  • 客観的に相場を見ること
  • 過去の結果に強く拘らないこと
  • 損を取り返そうと思わないこと
  • ムキになってトレードしないこと
  • 判断に迷う局面ではトレードしないこと
  • 得意な値動きになるまで待つこと
  • 有利な値動きでは利を伸ばすこと
  • 損失範囲をあらかじめ決めておくこと
  • 損失を受け入れること
  • 記録をつけること
  • 予測は他人に頼らないこと
  • 無理の無い資金管理の範囲内でおこなうこと
  • 負けて卑屈にならないこと
  • 勝って有頂天にならないこと
  • 常に平常心で謙虚でいること
  • 想定外を極力排除すること
  • 自分なりのルールを作ること
  • トレード中にルールを変えないこと
  • ルールを守ること
スキャルピング中断ルール
  • 1回ストップ
  • 2回連続損切り
  • 3日分以上の損失
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
サイト
マーケットの魔術師など
リンク
お気に入り相場関連書籍

自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているのか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。
ゾーン 相場心理学入門より)

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
トレード結果
◎:大満足/大幅プラス
○:満足/プラス
△:ちょっとプラス
-:プラスマイナスゼロ付近
×:ダメ/マイナス
気になる相場関連書籍

役立ちそうな相場関連書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。