スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

FXの神様に感謝

やっとデイトレでの自分のスタイルが確立できそうに思います。

ところで・・・

今日はクリック証券のFX口座(クリックFX)で新規に口座を開設し、そこからの売買中心でした。

FXの口座は、これで2つめです。

そこで今回、新規に口座を開設したクリックFXの感想です。
しかし、これは以前に口座開設したフォーランドフォレックスとの比較で、私の個人的感想だと思ってください。

ログインID/パスワード
ログインIDとパスワードは、とにかく長いです。(^^;
まぁ、セキュリティー上仕方ないのかもしれませんが、私が覚えられる桁数ではないです。

注文発注
注文発注時は注文確認画面を必ず表示させないといけないので、1テンポ遅れる感じです。
とは言っても、私の場合「成行」なので、注文確認画面でタイミングを見計らっていれば問題ないと思います。

チャート
これは、私がフォーランドフォレックスのチャートに慣れてしまったためか、非常に使いにくいと思いました。
機能的にはいろいろな機能があって、使いこなせばいいのかもしれませんが・・・。
特にTickは重くて更新頻度が遅く、しかも自分で更新できないため、デイトレでは使い物にならないかもしれません。
チャートに関しては、(デイトレの場合)他社のチャートを使ったほうがよいと思います。

システム
たまたまかもしれませんが、数時間の売買中に2度も「重複ログインのため、ブラウザを一旦閉じて、再度ログインし直してください」というようなメッセージが現れ、ブラウザを閉じて再ログインしなければいけませんでした。
もちろん重複してログインしていません。
デイトレなどの短期売買でこのような状況になると怖いです。

全般的
チャートやシステムの信頼性に欠ける部分もありますが、チャートは他社のものを使用すれば問題ありませんし、手数料0円・スプレッド0銭(USドル/円)はデイトレで売買回数の比較的多い私には、クリックFXはかなり魅力的なFX業者です。

まぁ、手数料0円・スプレッド0銭(USドル/円)のFX業者は、クリックFX以外にいろいろありますが・・・(^^;

FX(外貨証拠金取引) 売買履歴(2008年)

日付通貨時間売買約定残玉損益備考
10/29

米ドル 21:53
22:08
22:10
22:12
22:14
22:19
22:35
22:42
22:49
23:00
23:07
23:07
--1
1--
--1
1--
--1
1--
1--
--1
--1
--1
1--
1--
97.09
97.06
97.11
97.16
97.14
97.20
96.89
96.98
96.92
96.89
97.05
97.07
0-1
0-0
0-1
0-0
0-1
0-0
1-0
0-0
0-1
0-2
0-1
0-0
+3,000
10月 合計-50,000
2008年 合計-50,000
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

あり~

Author:あり~
サラリーマンFXトレード初心者がFXトレードの売買記録など相場に関することを思いつくまま書き綴るブログです。

トレードルール
  • 客観的に相場を見ること
  • 過去の結果に強く拘らないこと
  • 損を取り返そうと思わないこと
  • ムキになってトレードしないこと
  • 判断に迷う局面ではトレードしないこと
  • 得意な値動きになるまで待つこと
  • 有利な値動きでは利を伸ばすこと
  • 損失範囲をあらかじめ決めておくこと
  • 損失を受け入れること
  • 記録をつけること
  • 予測は他人に頼らないこと
  • 無理の無い資金管理の範囲内でおこなうこと
  • 負けて卑屈にならないこと
  • 勝って有頂天にならないこと
  • 常に平常心で謙虚でいること
  • 想定外を極力排除すること
  • 自分なりのルールを作ること
  • トレード中にルールを変えないこと
  • ルールを守ること
スキャルピング中断ルール
  • 1回ストップ
  • 2回連続損切り
  • 3日分以上の損失
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
サイト
マーケットの魔術師など
リンク
お気に入り相場関連書籍

自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているのか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。
ゾーン 相場心理学入門より)

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
トレード結果
◎:大満足/大幅プラス
○:満足/プラス
△:ちょっとプラス
-:プラスマイナスゼロ付近
×:ダメ/マイナス
気になる相場関連書籍

役立ちそうな相場関連書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。