スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

デイトレード始めました

「デイトレード」って何を今さらって言われてもおかしくありませんが・・・(^^;
今週の3/3(火)から連休だったので、今週はトレード三昧の毎日でした。
先週から考えていた「デイトレードでもなくスイングトレードでもないもの」
まぁ、正確には今までの私のデイトレードはスキャルピングでしたので、ここでようやく本当に「デイトレード」と呼ばれるようなトレードを試してみるチャンスでもありました。

具体的には数十分~数時間のトレンドに乗って、利食いを我慢して利益を伸ばすトレードです。
いつもの数秒~数分の利益になったらすぐに利食いするスキャルピングとはあきらかに違います。
なので、タイトルに違和感を持っていただいた方もいるかとは思いますが、デイトレードとスキャルピングを区別しました。
自分の気持ちの中で・・・(^^;

そして、そのデイトレード初めの3/3(火)の午前中はあまり値動きが無い中、AUDJPYに動きが出たのでAUDJPYでデイトレード開始。
エントリーしてみたものの、やっぱり早々に利食いしてしまうところに問題があると思いました。
ただ、トレンドが続かない午前中の相場環境と早々の利食いが合っていると言えば合っているのですが・・・(^^;

午後のトレードは午前中スルーしていたGBPJPY。
まぁ、午前中トレードしたAUDJPYが、12:30の指標発表でリズムが崩れてしまったので、第二候補のGBPJPYにしました。

GBPJPYをトレードすると、ちょっとタイミングが合わない感じで薄利トレード。
結局いつものスキャルピングになってしまった。

しかし、何も無理して利益を粘るトレードをしなくてもいいのではないか?という気持ちです。(^^;
要は、利食いを粘っていく環境と、薄利でいく環境を見極め、その時々の環境に適したトレードをすればいいのじゃないかと。
スキャルピングだろうとなかろうと、デイトレードだろうとなかろうと、そんなのに拘っていてはいけないのではないかと思います。

じゃー、この記事のタイトルは?(^^;

今週の丸1日デイトレードでわかったことは、
・利益を伸ばすトレードがまだまだ未熟で出来ないことがわかったこと
・複数通貨ペアのトレードの訓練が必要だとわかったこと
・1日の利益目標の設定が甘いとわかったこと
・GBPJPYの恐怖心が薄らいだこと
でした。

FXデイトレード結果
日付時間勝敗(勝率)損益
2015.3.2 (月)深夜7勝 1敗 (88%)プラス △
2015.3.3 (火)1日中15勝 4敗 (79%)プラス ○
2015.3.4 (水)1日中18勝 4敗 (82%)プラス ○
2015.3.5 (木)1日中7勝 0敗 (100%)プラス ○
2015.3.6 (金)1日中12勝 13敗 (48%)マイナス ××

そして今週の損益は、金曜日に丸1日デイトレード2日分のマイナスでしたので、利益は丸1日デイトレード1日分くらいのプラスでした。
金曜日にトレードしなければ、いや、今日は調子悪いと早く気付いて金曜日のトレードを早くから中止しておけば、満足できるプラスだったのですが、まぁ未熟なので仕方ありません。

これも、課題の1つです。

パグ犬「銀次郎」

「デイトレード始めました」の続きを読む

スポンサーサイト
にほんブログ村 為替ブログ FX スイング派へ
にほんブログ村 為替ブログへ

FX デイトレード マイナス USDJPY GBPJPY AUDJPY 

プロフィール

あり~

Author:あり~
サラリーマンFXトレード初心者がFXトレードの売買記録など相場に関することを思いつくまま書き綴るブログです。

トレードルール
  • 客観的に相場を見ること
  • 過去の結果に強く拘らないこと
  • 損を取り返そうと思わないこと
  • ムキになってトレードしないこと
  • 判断に迷う局面ではトレードしないこと
  • 得意な値動きになるまで待つこと
  • 有利な値動きでは利を伸ばすこと
  • 損失範囲をあらかじめ決めておくこと
  • 損失を受け入れること
  • 記録をつけること
  • 予測は他人に頼らないこと
  • 無理の無い資金管理の範囲内でおこなうこと
  • 負けて卑屈にならないこと
  • 勝って有頂天にならないこと
  • 常に平常心で謙虚でいること
  • 想定外を極力排除すること
  • 自分なりのルールを作ること
  • トレード中にルールを変えないこと
  • ルールを守ること
スキャルピング中断ルール
  • 1回ストップ
  • 2回連続損切り
  • 3日分以上の損失
最新記事
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
サイト
マーケットの魔術師など
リンク
お気に入り相場関連書籍

自分が「ゾーン」にいる状態とは、本質的に自分の心とマーケットが同調している状態を意味する。その結果、あたかも自分自身とその他のマーケット参加者の集合的意識の間に何の分け隔てもなくなったかのようになり、マーケットがまさに何をしようとしているのか感じられるようになるのである。つまりゾーンは、ただ単に集団心理を読み取れる状態だけではなく、それ以上、つまりマーケットと完全に同調している状態の心の空間なのだ。
ゾーン 相場心理学入門より)

検索フォーム
RSSリンクの表示
QRコード
QRコード
トレード結果
◎:大満足/大幅プラス
○:満足/プラス
△:ちょっとプラス
-:プラスマイナスゼロ付近
×:ダメ/マイナス
気になる相場関連書籍

役立ちそうな相場関連書籍
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。